むし歯治療|【おのえ歯科医院】神戸市東灘区の歯科・歯医者

〒658-0012
兵庫県神戸市東灘区本庄町1-13-17

tel:078-855-3333

24時間受付 インターネット診療予約
予約の内容によっては、インターネット予約できた場合でも、変更のため電話連絡させていただくことがあります。ご了承ください。
診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

★:9:00~12:00
休診日:木曜・日曜午後・祝日
院長
女性ドクター
※診療時間は変更になる場合がございます。

むし歯治療Cavities

歯を磨いてもむし歯ができる原因とは

神戸市東灘区・おのえ歯科医院・むし歯

食後のたび歯を磨いているのにむし歯ができる人も入れば、1日1回しか磨いていないのにむし歯ができたことのない人もいます。その原因は、お口の中にいる細菌の種類と量です。
むし歯を作る代表的な最近は「ミュータンス菌」です。ミュータンス菌などのむし歯菌は、食べ物の中の糖分をエサにして、歯垢を作って中に潜み歯にくっついたり、歯を溶かす酸を作ったり、増殖したりします。お口の中にむし歯菌が多ければ多いほど、たくさん酸が作られて歯が溶かされむし歯ができるのです。
むし歯は初期段階を過ぎれば、自然に治ることはなく歯を削って埋めるなどの治療が必要になります。悪化すればするほど、歯はダメージを受けて歯の寿命が短くなってしまいます。
歯を守るためにむし歯について知り、できるだけむし歯を作らないようにするとともに、むし歯ができたら早めに治療を進めましょう。

むし歯の進行について

神戸市東灘区・おのえ歯科医院・歯周病

初期むし歯

むし歯菌によってお口の中が酸性になると、歯の表面にあるエナメル質の中のミネラル分が溶け出していきます(脱灰)。溶けたミネラル分はだ液の力で歯に戻りますが、たくさん溶け出してしまうとだ液の力では戻せなくなります。
すると、歯の表面には「ホワイトスポット」という白い斑点ができます。このホワイトスポットを放置すれば歯に穴が開きますが、早めに歯科治療を受けてフッ素塗布や毎日のブラッシングをすれば治すことも可能です。
ただし痛みはなく自覚が難しいので、早期発見するためには定期歯科検診を続けることが重要です。

神戸市東灘区・おのえ歯科医院・入れ歯・義歯

エナメル質のむし歯

初期段階のむし歯がさらに進行すると、歯の表面のエナメル質はさらに溶けていき、歯が黒っぽくなったり歯に穴が開きます。この段階では痛みやしみるなどの自覚症状はありませんが、歯の悪くなった箇所を削り、歯科用プラスチック「レジン」を詰める治療が必要です。
なお、痛みがなく噛めているからといって放置していると、さらに進行して歯が溶け出し、歯の一部が失われることになります。歯へのダメージを少しでも減らすために、早めに治療に取り組みましょう。

神戸市東灘区・おのえ歯科医院・小児歯科

象牙質のむし歯

むし歯が進行してエナメル質に穴が開き、その下の象牙質まで達した状態です。象牙質の下には神経が通っているため、冷たい物や甘い物を口にするとしみたりかすかな痛みを感じるようになります。
さらに進行して神経までむし歯が達する前に、治療に取り組むことが大切です。
この段階になるとより広い歯が溶け出しているため、レジンを詰めるだけでは十分な強度が出なくなり。そのためむし歯で悪くなった箇所を削ったら、丈夫な金属製などの詰め物を詰めることになります。

神戸市東灘区・おのえ歯科医院・予防・クリーニング

歯の神経のむし歯

むし歯によってエナメル質と象牙質にも穴が開くと、その下にある「歯髄」という神経までむし歯が到達します。
神経が直接刺激されるため、ズキズキと強い痛みを感じるようになります。
この段階になるとむし歯菌によって多くの歯が溶かされて失われるため、詰め物だけでは治療ができません。むし歯で悪くなった箇所を取り去ったら、歯型を取り、歯に合わせて作られた被せ物をすることになります。そのため、治療期間はより長くかかるようになります。

神戸市東灘区・おのえ歯科医院・歯科口腔外科

歯の根のむし歯

歯の神経にむし歯が達すると、歯の神経は徐々に死んでいきます。そのため、やがて強い痛みを感じなくなりますが、治ったわけではなくさらに最近は歯の奥へと進んでいきます。
歯根には膿がたまり、歯ぐきに影響が出たり、副鼻腔炎などの症状も出るようになります。お口だけでなく全身に徐々に症状が広がることになるのです。
むし歯菌で死んだ神経を取り去って根管内を無菌状態で閉じる「根管治療」に早めに取り組みましょう。
なお、さらに症状が悪化すると根管治療ができなくなり、抜歯以外の治療ができなくなることもあります。

むし歯を繰り返さないために

神戸市東灘区・おのえ歯科医院・親知らず

むし歯の治療をしても、時間が経つうちに再びむし歯が再発することがあります。これを「二次むし歯」と言います。 むし歯を繰り返して何度も治療をしていると、歯をどんどん削ることになり、天然の歯が減っていってしまいます。その結果、最終的には歯を失うことになるのです。 歯を守るためには、むし歯を再発されないことが重要です。 当院ではむし歯の原因を見つけ出し、適切な予防方法をご提案いたします。むし歯予防を考えたらぜひ一度ご相談ください。 。