コラム|神戸市東灘区で歯科をお探しの方はおのえ歯科医院まで

〒658-0012
兵庫県神戸市東灘区本庄町1-13-17

tel:078-855-3333

24時間受付 インターネット診療予約
診療時間 木※ 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日のある週は木曜日が診療日になります。
※診療時間は変更になる場合がございます。

コラムColumn

歯の神経を残すことのメリット

皆さんこんにちは。

おのえ歯科医院です。

 

重症化したむし歯では、歯の神経を抜く必要が出てきます。

 

専門的には「抜髄(ばつずい)」と呼ばれる処置ですね。

 

歯の内部に分布している神経を抜くことで、痛みなどの症状改善をはかります。

 

そんな抜髄という処置は、むし歯治療としては非常に意義のあるものといえますが、歯に与えるダメージも極めて大きいのが現実です。

 

それだけに当院では、可能な限り歯の神経を残せる方法を模索します。

 

歯の神経が果たす役割

歯の神経は、すぐ隣に分布している血管と合わせて「歯髄(しずい)」と呼ばれています。

 

歯髄は、歯に栄養を供給したり、外部からの刺激を感受したりすることに寄与するため、歯の健康を維持する上では欠かすことのできない組織といえます。

 

そんな大切な組織を失ってしまうと、歯は外部からの刺激に弱くなったり、歯質自体が脆くなったりして、歯そのものの寿命が縮まってしまうのです。

 

これは抜髄による最も大きなデメリットといえます。

 

神経を残すことで歯の寿命が延びる?

逆にいうと、抜髄を行わず、歯の神経や血管を保存することで、歯の寿命を延ばすことも可能となります。

 

もちろん、それによってむし歯が完治しなかったり、再発のリスクが高まったりする場合は別です。

 

そういったケースでは、無理をして歯髄の保存に努めるのではなく、抜髄してしまった方が良い結果をもたらします

 

患者さまの希望を優先したむし歯治療

当院では、歯の神経を残すか否かなど、治療方針に関しても患者さまのご希望を可能な限り優先しております。

 

ですから、「なるべく神経を残したい」「とにかく痛みをなくしたい」など、どんなことでも構いませんので、まずはお気軽にご相談ください。

 

まとめ

このように、歯の神経を取らずに残すことで、歯の寿命を延ばせることがあります。

 

その一方で、抜髄により予後が良くなることもありますので、神経を取ることの良し悪しはケースバイケースといえます。

 

いずれにせよ精密な検査を行った上で判断することが大切ですので、重症化したむし歯でお困りの際は、ぜひ当院までお越しください。

 

おのえ歯科医院

医院名 おのえ歯科医院
院長 尾上 一平
住所 658-0012
兵庫県神戸市東灘区本庄町1-13-17
電話番号 078-855-3333
URL
診療内容 むし歯、歯周病、入れ歯・義歯、小児歯科、予防・クリーニング、歯科口腔外科、親知らず、顎関節症、インプラント、矯正歯科、矯正相談、セラミック治療、ホワイトニング、マウスピース製作、マタニティ口腔ケアなど
概要 神戸市東灘区の歯医者【おのえ歯科医院】。甲南山手駅から徒歩4分、深江駅から徒歩10分、土曜も診療しているとても通いやすい歯科医院です。本庄町、甲南山手、森南町、本山南町など周辺地域からの来院もお待ちしております。